2006年6月1日ローランギャロス杉山愛・アラバン・レザイ戦

Share/Bookmark
お気に召して頂けましたらワンクリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ


2006年06月01日 15時28分00秒
DAY4 『SHIHOちゃんとRoland Garossで撮影』


2006年6月1日の伊達公子選手ブログ。
この日、伊達公子選手は、モデルSHIHOさんと
雑誌撮影の御仕事。

そのせいか、伊達さんは、杉山愛選手のゲーム観戦は
最初は場内テレビで。

きっと実際の日は5月31日なのでしょう。
楽勝かと思われたアラバン・レザイ戦。

第1セット6-4で勝利し、第2セットも3-1とリード。
この展開では、スザンヌ・ランランコートに行っても
試合が終わってしまっているのではないかと思うような
杉山愛選手のワンサイドゲームだったのですが。

第2セットは終わってみれば4-6でロスト。
ファイナルセットで不運な雨の中断。

後続の試合がフェデラー戦という事もあり
先乗りギャラリーが全て地元選手レザイを応援という
アウエイ状態に変化。

負ける筈の無い相手に負けるテニスの怖さ。

心技体の心が如何に重要かを指摘した
伊達公子選手でした。

2006年はエナン、キムの黄金時代。
サフィーナがまだ出たての頃。
アラバン・レザイのテニスを
何でもありの無茶振りテニスと評した柳 恵誌郎。

きちんと今を予言していました。

にほんブログ村 テニスブログへ
人気ブログランキングへ
ブログパーツ







posted by テニスハート at 2010年02月22日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達公子公式ブログレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ス ポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。