昭和8年創刊の”テニスファン”

Share/Bookmark
お気に召して頂けましたらワンクリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ

1933年(昭和8年)10月創刊!


テニスファンは、上記の頃に、夏目漱石を岳父に持つ
作家”松岡譲”を編集主幹に迎え創刊された。
近現代史研究で有名な半藤一利は娘婿である。
このテニスファンの表紙は、日本テニス協会の
文献資料案内で確認できる。
http://www.jta-tennis.or.jp/JTA/archive/arc_magazines.html
このテニスファンの特徴は、試合結果報道ではなく
テニスの歴史やインターナショナルな選手のストーリーを
前衛に据えた画期的なものであった。
今の“ナンバー”や“スポーツイラストレイテッド”を
より文学的指向にシフトした姿勢が顕著な雑誌であった。

1933年(昭和8年)は日本庭球界の絶頂期!


1.佐藤次郎ウィンブルドン2年連続準決勝進出
2.布井良助・佐藤次郎組ウィンブルドン決勝進出
3.佐藤次郎、世界ランキング第3位にランクイン!

このような時代背景のもと生まれた“テニスファン”
その後の発展は、どのようなものだったのだろうか?


続きを読む
posted by テニスハート at 2010年04月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のテニス雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ス ポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。